40代、誰もが気になる目元や口元の気になるシワのケア

年を重ねると避けられないのが、目元や口元のシワです。
しかし、加齢と共にできる事は知っていても、女性なら誰でも避けたいと思うはずです。

まったく同じ年齢でもシワが全然無い人もいますし、ちりめんシワが大量にある方もいたりします。

その違いは毎日のケアによるもので、きちんと対処する事である程度は予防する事ができるのです。

シワができる原因は活性酵素が発生するためでこれは年齢的には避けられませんが、それでも正しいケアを続ければ年齢を重ねるごとに違いが出てくることもあるため、試してみて下さい。

シワには2つの原因がある

シワの原因には

  1. 筋肉の老化によるシワ
  2. 乾燥による原因

の2つが考えられます。

顔の表情筋は使わなければ年齢と共に衰えやすく、顔全体がたるむ事でほうれい線などができてしまいます。

乾燥シワはその名前の通り乾燥によるもので、年齢と共に保水力を保つ肌の成分が減少する事によりおこります。

口元、目元の乾燥に注意

特に目元や口元は乾燥しやすく、細かいシワができてしまうのが特徴的です。

また、乾燥だけでなくコラーゲンやエラスチンも加齢と共に減少し、肌のハリや潤いを失わせる原因ともなります。

次にシワを作る間違ったケアに付いて確認してみましょう。

シワの原因となる間違ったスキンケア

マッサージしたほうが効果があると思い、ゴシゴシとクリームを塗るのは間違いです。
また、洗顔のときに強く洗ったり、洗浄力の高いものを毎日使うと、肌の潤いが低下して乾燥シワが出来やすくなります。

それ以外でも、若いときに紫外線を多く浴びていた方は、それだけ肌に活性酵素が発生し将来シワを作る割合が高くなってしまいます。

紫外線ケアは若い頃からしっかりとするのが良く、シミ予防のためだけでなくシワも同時に防いでくれるものなのです。