見た目年齢に差がつく40代。貴女も感じていませんか?

30代から徐々に身体の老化を実感していく機会が増えていく年代になって行きます。
人によってその速さは違うでしょう。

あなたの周りでも、40代前後の同世代や50代の大人を見て感じる事があると思います。

『歳のわりに老けてるなぁー』とか、、、年齢を聞いても『もっと若く見える!』という方が。
人間誰でも老化して行きますが、その違いは何でしょう。

40代から始める日々のスキンケア

日々生活していく中で、健康と美容は毎日の積み重ねです。

シミやシワだらけの自分にあるとき気がついてからでは、時間もお金も掛かって大変な思いをすることでしょう。

スキンケアは、内面と外側のお肌のケアのポイントを抑えることで、特別お金を掛けなくても、また面倒な手間を掛けなくても毎日の習慣化することで十分な結果を保てることでしょう。

このサイトでは、日々のお肌の為のスキンケアや美容法をトータルで学び、実践していることをお伝えしていきますので、30代、40代、50代と、いつ昔の同級生に会っても、「勝った♪」と心の中で密かに思えるお肌をキープするヒントを見つけて頂ければ嬉しいです!

スキンケアは洗顔から。特にクレンジングが大事!

年齢を重ねていくにつれて増えていく肌の悩み・・・、まずは洗顔から変えましょう。

特に、仕事から帰った夜にメイクを落とすクレンジングです。

クレンジングはメイクを落とすだけでなく、皮脂バランスを整え肌が必要以上に乾燥してしまうのを防げる商品でなければなりません。

  1. メイクがしっかり落とせる
  2. 肌に優しいクレンジング

この2つのポイントが大事になります。

クレンジングで突っ張ったりカサカサするのは要注意

メイクを落とした直後の肌が、突っ張ったりヒリヒリしたりカサカサしているならクレンジングが合ってない可能性が高いです。

洗浄力が強過ぎて、まだ落としてはいけない皮脂まで落としてしまっていることが考えられます。

保湿化粧品では補えない

クレンジングで突っ張ったりカサカサしていても、メイクを落としたら化粧水や乳液で保湿するから大丈夫…
そう思っていませんか?

保湿化粧品はそんなに万能ではありません。

人間の皮脂には、肌の内側から水分が蒸発していくのを防ぎ、紫外線やホコリから皮膚を守る役割があります。

肌が分泌する皮脂は、天然の保湿クリームとも言えます。

その天然保湿クリームをわざわざクレンジングで洗い流して、人工的に作られた保湿化粧品で保湿するより、クレンジングで皮脂を守った方が、単純に肌のために良いと思いませんか?

クレンジングは安価なものほど、洗浄力が高くなる傾向にあります。
またそれだけでなく、脱脂力も強いので肌を乾燥させてしまいます。

スキンケアはクレンジングから始まる

一日の終わりのスキンケアは、クレンジングから始まります。

クレンジングが良ければ、洗い上がりの肌はしっとりしますから保湿はほどほどでも肌の潤いを保ってくれるでしょう。

当然、40代を過ぎてくるとただでさえ肌の水分・油分が低下していきますから保湿は大事です。

しかし、保湿化粧品にばかり頼るのではなく、まずはクレンジングで肌の乾燥を防ぐ対策が必要になります。