40代からの保湿。肌の老化予防は「質」が大切。

40代になったら保湿ケアは量よりも質を重視してみましょう。

今まではたっぷりと保湿化粧品を使う事で効果を実感できていたかも知れませんが、この年齢になるとだんだんとそれだけでは効果が実感しにくくなります。

化粧水だけでは潤わない理由

その理由は、化粧水の成分の多くは水だからです。

肌に水を付けても潤わないのと一緒で、一般的なスキンケアを使ってもそれ程保湿効果は期待できません。
水を肌に付ければ逆に水分が蒸発する時に保水力が奪われて、肌が乾燥してしまう事もあるのです。

また、安い化粧水でも重ね付けすれば保湿効果があると言うのも間違った考え方です。
ナノ化された成分でなければほとんど肌に浸透する事はなく、多くの成分が水の商品では潤いはあまり期待できないのです。

保湿はセラミドが大事

40代からの保湿ケアとして重要なのは、肌に潤いをもたらす成分が入っている商品を使う事です。
例えば、セラミドやヒアルロン酸などの成分が入っているものです。

どちらも元々肌に存在する成分ですが、年齢と共に減少する傾向があるため、40代以降の方はこれらの成分が少なくなる事で肌が乾燥しやすくなります。

セラミドは肌の潤いを守るバリア

セラミドは肌のバリアの役割を果たし、肌の水分を守るオイルとして存在していており、この成分が減っている肌にいくら保湿成分を補っても肌は潤う事は無く、化粧水に含まれる美容成分が蒸発しやすい状態なのです。

40代の方の肌が乾燥しているなら、まずは肌を保護するセラミド、そして保水力を保つヒアルロン酸が入っている商品を選ぶ事が基本となります。

また、できるだけ美容成分の濃度が高いものを選んでみて下さい。