化粧水と乳液と美容液の各役割

基礎化粧品には、化粧水・美容液・乳液・クリームと色々な種類がありますが、それぞれ役割が異なりその意味を理解した上で使用すると効果が得られやすくなっています。

毎日使用するものですが、意外と意味までは知らない人も多くなっており、まずは目的を理解してみて下さい。

化粧水の役割とは

化粧水は洗顔後に肌の油分や水分が失われてしまうため、主に水分を補う目的を持っています。

配合されている成分は精製水や保湿成分・植物成分などで、そのほか角質を柔らかくしたり肌を清浄に保つための成分も配合されている事があります。

化粧水はどの肌質の方も必須アイテムで、乾燥している人だけが付けるものではありません。

逆に油っこい人のほうが実は肌が乾燥している事も見られており、肌が乾燥すればより潤わせようと皮脂を多く分泌させる結果となってしまうため使用するようにしましょう。

美容液の役割

次に美容液ですが、化粧水だけでは得られない効果があります。

例えば、保湿効果を高めたり、美白やアンチエイジング、シワケアなど様々な目的を持っています。

肌にトラブルが無い人は加える必要はありませんが、40代以降になれば誰でも多少の問題を抱えている方も多いため、美容液をプラスしてみるのも良いでしょう。

また、美容液は美容に良い成分の濃度が高いものと覚えておいて下さい。

乳液とクリームの役割

最後に乳液やクリームですが、肌の表面に油膜を作り肌の内部にある水分を蒸発させない意味を持っています。

洗顔をする前は天然の皮脂がこの役割を果たしていますが、化粧水の浸透を良くする目的で一度油分を洗顔で取り除いているため、最後に加える必要があります。

ですから、うるおいを浸透させる化粧水、美容液を使った後に水分を閉じ込める為に使用します。

ただ何となく基礎化粧品を使うより、しっかりと役割や肌への効果を理解した上で使うのではその効果にも違いが出てくると思いますよ。

オールインワン化粧品ってどうなの?

また、最近人気のオールインワンゲルなら、化粧水や美容液、乳液の機能を一つにしたものだから、ササッと一つで保湿できて便利ですよ。

多機能でお得だから、沢山のオールインワンゲルがあって迷ってしまいますよね。

美白向きの薬用化粧品や、シワやたるみの予防に向いているものなど、目的によっても変わってきます。

アンチエイジングや美白を目指す私達にとって嬉しい美容成分もたっぷり配合されていて、一つ一つそろえるより経済的にもお得ですから、一つ持っておいて入浴後やメイクを落とした後、寝る前のケアに使っている方が増えています。