乾燥肌予防は洗顔がカギ! しっかりうるおうなら洗顔料から

40代にもなると、誰もが気になってくるのが肌の乾燥だと思います。

乾燥肌は老化の原因として知られてますが、年齢とともに肌の水分量が低下してくるのは仕方のないことです。

ですから、化粧水や美容液、乳液でしっかり保湿してうるおいを逃がさないようにする必要があるのですが、ちゃんと保湿しているのにも関わらず、なかなか潤わないという方も多いのではないでしょうか。

ちゃんと保湿してるのにすぐ乾燥する?

保湿してもすぐに乾燥してしまうのには理由があります。

化粧水や美容液は水分を浸透させる役割を持っていますが、乳液は油分で肌表面に膜を張るように水分の蒸発を防ぐ目的を持っていますが、人間の素肌にもともと存在する皮脂や油分も同じ役割を持っています。

油分は多過ぎると脂性の原因になりますし、皮脂も代謝を繰り返して古くなると剥がれ落ちてきます。

しかし、肌を外部の刺激から守る役割も果たしていますから、取りすぎると水分が蒸発しやすくなって乾燥の原因になるばかりか、バリア機能も低下してトラブルのものにもなってしまいます。

乾燥の原因は洗顔・クレンジング

皮脂や油分を取りすぎてしまう原因となるのが洗顔です。

メイクを落とすクレンジングや、洗顔石鹸など油汚れやメイク、古くなった皮脂や角質をしっかりと落とすことで素肌を清潔に保つ訳ですが、それら洗顔料の洗う力が強過ぎると、まだ落としてはいけない皮脂や油分まで落としてしまいます。

よく洗った後『肌が突っ張る』という方がいますが、
理由はメイク落としや洗顔料の洗浄力が、自分の肌に合っていないのが原因と言えます。

このように、必要なものまで落としてしまうと洗顔後の保湿も効果は半減してしまいます。

30代、40代からのクレンジングや石鹸選びは大切です。
まずはもっとも基本の洗顔から大事にしていくと良いでしょう。

最近のクレンジングは優しく落とすのはもちろん、肌に嬉しい美容成分が配合されているものが多いので、洗顔後のしっとり感とそのあとの保湿にも良い効果を実感できると思いますよ。